しそ日記

日向翔陽..........

HQ372話「もう1人の挑戦者」

本当は発売してすぐ書こうと思ってたんだけど、今週すごく忙しくて気がついたら日曜日!!!明日は本誌だ!!いやったー!!!!早い!!!!!

今回は及川さんの伏線を一気に回収する回だった。及川さんの伏線と言えば、金田一と国見の会話「及川さんのあの話」と謎のおじさんくらいだと思ってたけど、まさかの片方だけ白サポーターにしてる理由とかセッターを目指したきっかけまで分かるとは思わなかった。それに加えて彼が今どうしてるか、どこに向かおうとしているのかも分かったので結構ボリューミー。及川さんファンの人息してる??

今までずっと日向と影山の2人は似たもの同士だと思ってたけど、今回の話を読んで日向と及川さんもすごく似てるなと思った。牛若と影山は同じチームらしいし、これは牛若影山VS及川日向っていうドリームコンビの対決が見れるかもしれない。まだ1度も勝ててない天才に、2人で組んで立ち向かうとかめちゃくちゃに熱くない??すごく見たい。見たいし、勝ってほしい。っていうかサブタイトルのもう1人の挑戦者ってすごく熱くないですか????もうこれはコンビ対決確定では???

及川さんと日向は意外とすぐ打ち解けてた。2人ともコミュ力高いし相性良さそう。及川さんは青城戦の時の「ああ嫌だ」「早くローテーションを。1秒でも早く後衛に回せ」の印象が強すぎて、及川さんは日向に恐怖心や嫌悪感に近い感情を抱いてるのかなとか思ってたけど、あれはコートの向こう側の人間だったからなのね。こっち側になった途端、ほらこんなに仲良し☺️☺️(なお影山)

日向と及川さんってほとんど会話したことなかったよね?たしか。最初に会った時の「レシーブ下手でしょ」と12巻辺りでトイレの前で会った時の「今のうちにどっかに埋めちゃう?」くらいしか記憶にないわ。どっちも会話って言えるか分かんないけど。2人とも打ち解けるの早いなぁ...ハイキュー界でトップ2のコミュ力高いコンビでは??

対して相棒の影山な......牛若さんと折角同じチームなんだからなんかひと言くらい普通の会話しよ......

「......」で終わってて日向と及川さんとの差にちょっと笑ってしまった。君ら相棒がいないと本当に喋んないな。

とにかく日向が元気になってよかった。だって先週は地球の裏側に1人ぼっちでルームメイトとともうまくいかずバイトでは失敗し財布も取られバレーも思うように体が動かず、帰って部屋の隅で電気も付けずに体育座りして昔の楽しかった頃の写真見てたんだよ、辛すぎんだろ。そんな状況から地元の知り合いとたまたま再会して、ご飯食べて地元の言葉交えながら楽しくお喋りしたらそりゃすごく元気になるよ......嬉しいよ.....超超超元気になっちゃうよ......日向を笑顔にしてくれてありがとう及川さん.......

笑顔の日向のところ、「今日、一瞬、一瞬だけ凹んでたんですけど」ってところがいじらしい。お前!!!一瞬じゃないだろ!!!!知ってるぞ!!!!!そんで、及川さんに会って「超超超元気になった」って!!3回も超を付けるのは、本当に本当にすごく元気になれたことを伝えたかったんだなぁと思ってほっこりした。私も超超超元気になったよ......!!!!

そんで来週は(もう明日だけど)表紙&巻頭カラー!!!!!いやっほーーー!!!!!!!!!嬉しいーーー!!!!!!!楽しみ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!もしかしてだけど!!!!!!烏野ユニと学ラン以外の日向翔陽が表紙なのでは?????????いやーーーーどうなるのーー???????今日もいつも通り一睡も出来ないよ!!!!!!5時にコンビニダッシュ決めるで!!!!!!!!

どうしようどうしよう、表紙がハイキューだからコンビニのジャンプの棚見ただけで心臓が止まるかもしれない、無表情でレジに持っていける自信がないどうしよう(情緒不安定)

HQ371話「地球の裏側で」

ハイキューが.....好き.........

ハイキューってなんでこんな毎週面白いんだろうね???????今週のハイキューはページ増量してたでしょ?????いつもの2倍くらいなかった?????

なにその地元で噂の凄腕プレイヤーみたいな。異名まであるんですか???ニンジャ・ショーヨー!!!すごくすごくカッコいいな!!!そして烏合T!!!!!エースの心得Tを買いに行く時の山口のツッコミは伏線だったのか(違)

今は通りすがりの人に「また組もうな〜!」って声かけられちゃうほどの人気者だけど、そこに至るまでの過程が......本人は膝を抱えるポーズをして笑い話にしてますけど、今だから笑い話にできるんでしょ....ブラジルに来たばかりの日向が強化合宿時とダブる。あの時と違って誰の助けも借りられない。まだ救いなのは回想シーンなこと。冒頭のシーンが無かったら確実に日向翔陽のオタク死んでた。
さて時は遡り1年半前。1人きりでブラジルに乗り込んだのはいいものの、ルームメイトのペドロは無愛想。仕事もうまくいかなくて、夏ちゃんから餞別に貰ったお財布もスられてしまう(盗んだやつ許せねぇ)
そして肝心のビーチバレーは思うように身体が動かない。家に帰っても暗い部屋の隅で1人、焦っちゃダメだと自分に言い聞かせてる。

そんな時に思い出すのが烏野でのプレイと4人で撮った待受......烏野での3年間が今の日向の心の支えになるほど大事なものになってると思うと堪らない。 中学の時はずっと一人ぼっちだった日向がさぁ、、、高校でこんないい仲間がでぎだんだよ;;;;
烏野では背番号4番はリベロ固定なのか...ちょっと安心した。そして三年生日向くん!ストレート打てるようになってるじゃん!!泣く。一年生も仲良くなったね....月島の顔が相変わらずで笑 あと髪型!!伸ばすと天パになるの?微妙な顔をしてる月島と影山の間にいる山口が主将の顔をしている....真ん中の谷地さんは天使か?いい笑顔....そして日向のポジが笑 クラスに1人は居るやつ笑 スマホケースが牛乳なの可愛いな🥛🐄

そして白鳥沢OBの加藤さんが「日向くんはハイレベルな選手と聞く」って仰ってたけど、その情報、一体誰から聞いたんですか???やっぱりたんじく.....
日向、三年生にもなるとハイレベルな選手と言われるようになるのか.....ヒェ

何もかも上手くいかないと思った夜に、夢中で自転車を漕いで彼が向かうのがバレーのコートだってことに泣いてしまった。

そして厳しいと思ってた砂を、優しいと感じる場面すごく好き。日向は1話からボールを取ろうとして床や壁にしょっちゅう身体をぶつけてたもんね。ボールを取ろうとするおじいちゃんのクッションになるところを見てそれに気付けるの、日向の人柄をよく表してていいな。

コートに入るとき「しゃす!」キメたら「」
そんでね〜〜〜SUMESHIー!!!!!!トレンド入りしちゃったよwww そんなことある????

なんで居る?!って話末煽りと一緒に叫びそうになっちゃったよ。担当さんナイス笑
やっぱりここで及川さんきたか。結構無茶するしの伏線がやっと回収されたね。何してるんだろう?無茶する=日向と同じで武者修行かな?
どうするんだろう、2人でコンビ組むとか?チビちゃんはトスを上げたくなるスパイカーも回収くるか...?
あと!もしかして先週の日向のトスは及川さん直伝か?
けど及川さんが日向に教えてあげる姿が想像できないな...影山でアレだったし.......
ここからどうなるのかすごく楽しみ!!!!寝る!!!!!

HQ370話「挑戦者」

もう本当に、どうすればいいのか分からないんだけど、なんだこの、情報量の多さ。ハイキューページ増量してた?と思ったらいつもと同じだった。これほんとに290円なの?嘘だろ。安すぎる。ジャンプ片手に1コマずつ語りたい。

2週間ぶりのハイキューだったけど1ヶ月分くらいの情報量だった気がする......それで金曜日には40巻で土曜日にはまた本誌でしょ?頭おかしい......

今週の日曜日も続きが怖すぎて2時間しか眠れませんでした。巷で噂のよく眠れるチョコレート買って食べたんだけどダメだった。満足に眠れるようになる日は来るのか........???4期が始まったら益々睡眠時間が減る気がする。

Cカラーは数年後の日向翔陽さん!!!!先週は口元と後ろ姿しか見えなかったから、いきなり横顔がドンッとくると動揺しちゃうわ......

あの.....どうした......??????

大人っぽくて逞しい青年になってて、すごくドキドキしちゃったよ.....白いキャップ似合うね...... 背景が海だから、ライフセイバーのお兄さんに見える。ツイッターでは山がグローブにみえてヤキューになった?とか言われてたけど。これはモテるな。2冊買うから部屋に飾る。

って思ってたら終章突入の文字.......ひぇぇ.....遂にこの時が来てしまったか.........

この前からずっと神回が続いてたから、軽率に「今週最終回じゃ〜ん」とか言ってた........まさか本当に終わりが見える時がくるとか思わんじゃん........だって.........いやほんとマジすいませんでした..........ハイキューは永遠に続くと思ってたからまだ実感が湧かないな........

他で終章と言われて何年も続いた漫画が挙げられていたけど、古舘先生は終章と言ったらスパッと綺麗に終わらせてくる気がする......嫌だこんなとこで分かりたくない.........あと50年くらい続いてくれ........(強欲)

今週は大学3年生になった谷地さんの語りからスタート。ポニーテール(ゴムが見えないように髪で隠してるお洒落な結び方や.....)に緩いパーマがかかってるのかな?可愛い系の谷地さんが可愛い綺麗系になってる。最初はお母さんとあまり似てないと思ったけど、成長するとちゃんと似てくるね。さすが親子。アルバイトしてるのはお母さんの会社かな?背筋をピンと伸ばしてタイピングしてる姿をみると、すでにお勤めしてるようにみえる。カッコいい。

ハイキュー界では今2017年らしい。今までキャラクターの部屋に掛かっていたカレンダーから読み取って読者の間で考察されてたけど、ここにきて時系列をハッキリさせてきた。ツイッターで色々と言われてたけど、2020年の東京オリンピックに合わせに来てるのかな。ハイキュー界の時間が現実の時間にじわじわと交わってきている.......

ハイキューを読み始めたときは日向達と同い年だったけど、いつの間にか追い越してしまって、自分も歳を取ったなぁとか思ってたら急にまた同い年になるとは思わないじゃん??6年くらい歳下だと思ってたのにこんなことある???ツイッターで見たんだけど、日向達烏野1年生は1996年生まれ確定っぽい。

みんなが気になっていた日向達が高2.3のエピソードは1ページにまとめられていた。この1ページ...あまりにも内容が濃すぎて感想が追いつかない。伊達工も稲荷崎も触れたいところありすぎるんだけど、3コマ目の3年生になった4人についてだけいい?いいよ。

最後の春高でも優勝できないところがハイキューだなと思った。そして全国3位って数字も。いやいや3位も充分凄いけどさ。このコマの絵、後ろ姿だけなのに情報過多では......?大地さんの背番号1番を引き継いだのは山口。主将マークは前に付くから主将かどうかは分からないけど多分主将は彼だろうな。古舘先生、山口を出した当初は、本編での活躍を全く考えてなかったって言ってたのによくここまで.....!!物語の中で成長していったんだね。烏野はたぶん春高出場以来部員増えたと思うんだけど、それを山口がまとめたって思うと感慨深い。

影山はスガさんの2番.....って影山さんすごい背が伸びてる!!月島よりは少しだけ小さいけど190いってるんじゃないかな。月島は3番で日向は..........Oh......5番............え.......ゴバン........????3年で1人だけ番号が離れて........えぇぇ.....どう.......すれば..........

日向5番に関しては色々説が出てたけど、どうなんでしょう........後輩にエースがいたのかな.........オェ.......

今のところ見かけた説は

①田中さんのユニホームを受け継いだ説

②4番は基本エースの番号だから(バレー部ではそうらしい)後輩にパワーがあるエースがいた説

③烏野4番は伝統的にリベロ

限界オタクだから背番号だけで行間を読むのに必死..........個人的には①か③がいいけど③はないかな.......

そして4人の並び順。1年生の頃は月島/山口、影山/日向とセットで並ぶことが多かったのに、影山/山口/日向/月島とバラバラになってて、3年の間に彼らの関係が成長したんだなと。仲良しだった3年生と2年生に比べて1年生はバラバラだったからね。

さて、影山は読者の大半が予想していた通り日本代表になって活躍中。それをブラウン管越しに眺める日向翔陽.........1話の冒頭を意識してるのかな.....

けど長く立ち止まることは無く、すぐに仕事に戻る。ここで表情を映さないところがさ....上手いな先生は.....ほんと日向死なないで.......

このLINEのやり取りと「死なないで」というネガティブ思考の谷地さん。もしかしたらブラジルに着いてから日向は誰とも連絡を取っていないのかもしれないな.....なんか辛いことがあってもLINEの文章では明るく振舞いそうだし、よっぽどのことがない限り連絡も自分からしなそうだもんな.....

時間は巻き戻り日向翔陽(高校2年)

ブラジルへはビーチバレーをする為に行ったのか。確かニセコイとのコラボ「ニセキュー」でもやってましたね。(ここで特訓したら筋力アップ?)と影山が興奮してたような。

作並くんが語っていた条善寺の練習と、擬似ユース合宿でやった2対2は伏線だったのか。

砂に足を取られるから室内よりも体力を使って大変だってどっかのスポーツ漫画で言ってた気がするし、加えて2対2だから全部できるようにならなければいけない。修行するにはピッタリかも。

日向が影山に追いつく為に何よりも足りないのは経験。日向がバレーを知らない時から影山はずっとバレーしてきたからね。他と同じことをやっていては経験の差は埋まらない。そう考えバレーの雑誌を読んで沢山調べた上でのビーチバレーという答え。

ここで烏養さんに相談するっていうのがいいな。そこからツテを辿って色んな人に聞いて....

そして、ここできたか鷲匠監督.....!!!!!!!

卒業1年間念入りに準備させて期限をしっかり定める.....すごい、、日向の将来の先の先までしっかりプランを立ててくれてる.........

からの鷲匠監督のセリフがっっっ..........あぁぁぁこの!!!!熱い!!!!!!!!熱すぎるよハイキュー!!!!!!!

正直、頂の景色・2の小さなガッツポーズだけで充分すぎるくらいでこれ以上はないと思ってたんだけど!!!!ねぇ!!!!!

否定したい、認めたくない、価値を感じないと言ってきた鷲匠監督にこれを言われたら泣くしかないでしょ.......

ここでも古舘先生のセリフを区切るセンスがピカピカに光ってますね.....鷲匠監督が力強く言い切っているのが伝わってくる。

そして「居て」「たまるか」という言葉選びね.....自分以上に期待したいと思う人間が居てたまるものかと。鷲匠監督はそう言い切る程に日向から影響を受けたと思うと堪んないっすね........

終章に驚いて白鳥沢戦位までしか読まれてない人達がいきなり鷲匠監督デレてどうした????主人公アゲか???って混乱されてたけど、本誌を追ってると、やっとやっと!!!!満を持して!!!!!って感じなんでよかったら擬似ユース合宿編から361話辺りを読んでくれよな!!!!!

ほんと、日向を助けてくれる大人が沢山いて良かったなぁ.......でもそんな大人がいるのは日向が頑張ってるのをみんな知ってるからだよ.......だから手を貸したいって思うんだよ.....ウッ......

そして時は再び2017年に戻り、ビーチで瞑想する日向......1時間も瞑想してるのか........

部屋には烏野のジャージが......泣いちゃう

本棚にはバレーだけでなくスポーツ、メンタルトレーニングについての本がたくさん。付箋もびっしり付いててしっかり知識もつけた上で努力しているのが分かる。高1の時は何となくで跳んでて母子球分かんねぇよ!!!!って言ってたのにね.......そしてDBはポルトガル語と英語とスペイン語の三種類....???4カ国語話せるのか....???

生活の全てをバレーボールに捧げてるってことか......いやほんともう....頑張れ......頑張れ........

 


で。ね?

ここからもう言葉もないから感想飛ばすね。

だって、だってさ、もう卒業しちゃって、時が飛んだと思ってたからいきなり卒業式のシーンやると思わないじゃん??不意打ちが過ぎる。

しかも日向の回想て。

感情がいっぱいいっぱいで、未だに実感できてないわ.............

これまで散々どんな感じなのかなぁってぼんやり考えてた卒業式の変人コンビなんだけど、

青城の試合引退の番外編があんなにページ数あって??たぶん12ページくらい??変人コンビはたった5ページなんですよ??たった5ページにこれだけの、破壊力、情報を詰め込んで........

自分の想像を遥かに超えてきた完璧なやり取りだった........しかも会話がほとんどなくて、サーブとレシーブだけで2人の3年間を物語っているところが正に変人コンビって感じで.......2巻最後であんなに吹っ飛ばされてたのに、返球はきっちりセッターの居る位置....完璧なサーブレシーブ.........

日向はもちろん影山もいい笑顔するようになって........「先行くぜ」の時もそうだったけど影山は、日向が自分のいるところまで駆け上がってくると信じて疑わないとこほんと.......ね......

そんでモジャモジャ......言葉もないわ.....モジャァ........そんで高3の日向パイセン、読切日向に似てとっても.......イケメンですね...........(結局がっつり感想)

そんで「いただきます」「ごちそうさま」「いってきます」とちゃんと挨拶を大事にしてる.....バランスのとれた朝食をとって食器もキチンと片付けてる....

壁には「遠きに行くは必ず邇きよりす」!!!これ擬似ユースに潜入して武田先生に怒られたときの言葉だ....!!!!行く前に先生に書いてもらったのかな......コマやセリフ全てから日向の成長を感じる...........頑張れ日向.......終わりまでずっとついて行くからな..........頑張れ........俺らの希望..........

HQ369話「飯と筋肉」改

月曜が体育の日で祝日なので、今週のジャンプは10月12日の土曜発売。土曜発売ってちょっと早めに読めて嬉しいんだけど、次の発売が再来週の月曜になっちゃうから次の発売まで長く感じてしまう。最近ジャンプに振り回されっぱなしで(主にハイキューくんのせい)私生活に影響が出てるから、毎週土曜発売にならないかな....ジャンプ休暇が欲しい。

てことで今週のハイキューの話します。あらすじとか説明してないけど、思いっきしネタバレしてるよ。あと10割主観だよ。今更だけど。

当日は気が狂ってて「待って」しか言えなかったからな.........いや、けど.....話すると言ってもどこから感想を言えばいいのか.....。

 

◯三年生の卒業式が秒で終わったことについて

 

ちょっとビックリしたけど、確かに自分が中高の時、部活の先輩の卒業式ってこんな感じだったな〜と思い出した。

先輩の卒業式って、先輩からしたら3年間共に過ごした同級生や先生との時間。自分は部活の先輩が大好きだったから卒業式を見に行ったんだけど完全にアウェイな空間だった。正直部活の3年生とのお別れって、部活動引退の時がピークなんだよな。そこから先輩方は本格的な受験期に入り何ヶ月か会わない日が続いてからの卒業式だったから随分と記憶が薄いし、割とあっさりしてた気がする。そういう意味では結構リアルかもしれない。

ちゃんとしたやり取りは試合後にやってたしな。あれが実質烏野配球部の卒業式だったってことで(?)

試合後のやり取り、色んな想いが詰まっててすごく良かった。旭さんとノヤさん、影山と菅原さん、大地さんと月島、田中さんと潔子さんっていう組み合わせも分かるなって思った。

最後拾えなかったノヤさんに旭さんが言った

「西谷が取れないボールは俺らの誰にも取れないし」

これ、最後まで守護神としてエースに信頼されてたってことでしょう?これ以上の言葉があるか?ノヤさんは今まで「守護神である西谷に言われるからこそ自信がつく」っていう、チームメイトを鼓舞するポジションだったからな。山口しかり縁下さんしかり、木下しかり。やり取りは淡々としてたけど嬉しかっただろうな、ノヤさんは。

そして影山。影山がどれだけ凄いやつかってことは多分チームメイトの中では同じポジションである菅原さんが1番よく理解してたんじゃないかな。最初の方は、穴だらけのチームを圧倒的実力で影山が支えてるのが烏野、とか言われてたし。凄いやつだから、どこのチームに行っても必要とされる。そんな影山から

「このチームでもっと上に行きたかった」

って言葉が聞けたのは、とんでもなく嬉しいことだっんじゃないかなと思った。「上に行けた」じゃなくて「上に行きたかった」っていう願いだから、影山はチームとして烏野をちゃんと好きだったんだなって分かって泣いてしまった。菅原さんは烏野大好きだからな。天才な後輩に大好きなチームをそんな風に言われたらそりゃ泣いちゃうわ。

大地さんと月島のやり取りもいいな....大地さんは3対3の時からずっと月島のこと気にしてくれてたしね。でもアザラシて笑 最初言われた時どういうことか分からなかったわ。ツッキーがすごくやる気でこっちもビックリしたけども。最後に「その顔ヤメろ!!」が聞けて良かったです。

それとね!!!田中さん!!!ずっと潔子さんに一途だった田中さんが最後にやっと!!!ほんのちょっとだけど報われて(?)良かった!!!ずっと

「いい。ひとりで持てるから」

って言われてきたもんね!!!本当に軽かったんだね!!でもその軽い荷物を初めて任せてくれたの泣いちゃう。田中さんは今回のことずっと忘れないんだろうな.....いやもうほんとありがとうございます。

そして武ちゃん。本当に、あなたがいなければここまで行けなかった。烏養コーチもいなかっただろうし、音駒を始めとした他校の練習試合もできなかった。陰であんなこと言われても、出来ることを全部全力でしてくれた。烏野はほんと、誰かひとり欠けたら成り立たない奇跡みたいな素晴らしいチームだな。烏養コーチが日向にメンタルとフィジカルの話をしてくれるところもいいな。なんて良質なスポーツ漫画なんだ.....。

にしても!!もうちょっと何か欲しいが!!!多分ラスト見開きをああいった感じで締めるためにはページが足りなかったのかな。来週に回して卒業式やらなんやらの話を1話丸々やるのには長すぎる気もするし。にしても短いが!!!!(2回目)先生、お忙しいとは思うけど、コミックスで追加ページおなしゃす......伊達工も青城もあったし......どうですかね????ダメ?????

 

◯2年編をやらないことについて

 

やるとばっかり思ってたからマジかーー!!!!ってなったけど、よくよく考えてみると英断だったのでは。もし2年編をやった時のことをざっくりまとめてみた。

・各校の主力、コンビの片割れである三年生が卒業してしまう。

(及川・岩泉コンビはどっちも卒業、黒尾・研磨、木兎・赤葦コンビは片割れ卒業)

・各校で新しく入部する一年生を出さなければいけなくなる。

・2年生編をやると、3年生編をやる流れになってしまい話が大きくなってしまう。(1年生編だけでとても丁寧に描かれてきたので既に7年)

(でも先生は1度も話がグダッたことないし、青城戦再戦もめちゃくちゃ面白かったから、先生なら大丈夫なんじゃないかとは思ってた)

とまあこんな感じで色々と大変だから、やったらすごく嬉しいけどどうかな?プロ編とか大学編行くかな?って思ってたわけで。

 

まさかね、

 

数年後!!!!!!!!!!!!!!!!!!ブラジル!!!!!!!!!!!!!!!リオデジャネイロ!!!!!!!!!!!!!!!!!!オブリガード!!!!!!!!!!!!

 

ってなるとは思わんかった。逆にこの展開を予想できた人いた???????

タバレスレ漁ったら、いやーー流石にそれは嘘でしょ??みるまで信じないぞ??って人ばっかりで笑った。そりゃそうだ。

けど、来年の話とかちょくちょく出てきてたし、井闥山みたいにまだ試合してなくて選手のこともよく分からないままのチームもいたので、先生はこの先どの展開になってもいいように慎重に伏線を張ってたのかなと。ちょっと切ないけど流石です先生。

あとこれはすごく個人的なことなんだけど、自分は「あの烏野メンバー」がすごく好きだったので、先生が烏野メンバーをあの15人(マネージャー含む)のままで終わらせてくれたって思うと良かったのかなって思った。同じ春は二度とないんですよ......。

 

◯最後の見開きについて

 

やられましたね。ブロック完全にフラれたー!!!!!って感じ。

お前が最強の囮だったのか(?)読者がハイキューの速度について行けてないよ、心はまだ宮城県の片田舎のボロい体育館だよ。先生の掌の上で転がされてる〜〜〜〜常に振り回されてる〜〜〜そういうとこ!!!大好きです先生!!!!

数年後って、ほんとに何年か分かりませんね.....日向が何歳なのかも分からない.....けどね、あの英語で追試だった子が!!!(解答欄間違えてただけだけど)(!??あれも伏線???)尿意ハズカム〜〜とか言ってた子が!!!!英語飛び越えてオブリガードて!!!ポルトガル語て!!!!すごくない??????調べたらすごく難しい言語らしくて......バレーの為にたくさん努力したんだね、偉いね......

配達のバイト?してるみたいだから、ある程度地理とか頭に入ってないとだし、住所とかも読めなきゃならないから、恐らく全然喋れないけど来ちゃった!!!みたいな失恋ショコラティエパターンではないと思う。けど、バイトしてるから武者修行なのかな?また日向の茨の道が始まるのか.....日向はどんな茨の道を前にしても、めげず恐れずに突き進んでいく男だって、分かってはいるけど辛いな....日向より先に読者の精神がやられる。

そういえば男子バレーのワールドカップありましたね!このタイミングでぶつけてくるのすごいな?しかも日本、いい感じに強くなってたし、丁度ブラジルとも戦ったし!!ブラジルめっっっっちゃ強かった!!!なんか変人速攻みたいなやつやってて、おぉ!!!ってなった!!!ハイキュー読んでたからバレーのルールとかプレイとか結構分かってすごく楽しかった。

ブラジルってどんな感じの国なんだろ....ブラジルの知識がサンバとサッカーしかない....無知...。

ブラジルから帰国して久々に会った田中さんとノヤさんに「翔陽ブラジル行ってたんだろ!!??」「サンバ踊ってみろよサンバ!!!」って言われて3人でわちゃわちゃ踊ってほしい......。

 

◯影山は〜??

 

影山どこや。

ツイッターでよく見かける未来予想では、彼は大体イタリアに行ってるんで(ナンデ?)何となくイタリアにいるんじゃないかと思ってる。

少なくとも日向とは全然別の場所にいて、もうプロになってるんじゃないかな〜?

変人コンビ大好きなんですけどね。好きだから、奴らは高校卒業したら世界のテッペンで同じ舞台に立つまでコンビにはならないって分かってしまうんだな......欲を言えばずっとコンビ組んでてほしいけどそれだと解釈違いになるっていう矛盾......日向は影山を倒さなくちゃならないからな。

 

そういえばハイキューでまだ回収されてない伏線があるんすよ.....できれば回収しないでほしいんだけど。それは、いつも恐れてる「故障フラグ」。確か10巻11巻辺りだったかな....影山が日向と対立して、何となく行ったバレー教室で及川さんに会った時に青城には休息日があると知って「え???もったいない」って言ったんですよ。彼。.....オーバーワーク.......。

ハイキュー界では「家でちゃんとした飯食って寝ろ!!!!」と「オーバーワークだ!!!!」ってセリフが繰り返し出てくるんすよね。前者はもう回収されてるんですけど、後者はまだ.......。怖...。

影山は練習後のストレッチとかちゃんとやるタイプだと思うけど、日向が部活外での練習を誘った時、一度も断ったことないのよね。多分。プライベートなシーンはずっと走り込みしてるし。

いやでも数年後に怪我をしてリハビリ中とかそんな鬱展開ある????ないね!!!!

 

◯当日は台風だったね

 

コミックス派でネタバレ踏んじゃった人が不憫すぎて全員の記憶を消してあげたいなと思った。この日は台風がすごくてツイッターのトレンドはほぼ台風関係のものだったんだけど、その中で朝一からずっとトレンド1位だったんですよ。「ハイキュー」が。

土曜日だったから、コミックス派やアニメ派は「なんでこんな嵐の中ハイキュー?4期の情報でたのかな?」(ポチッ)という具合に検索をかけてしまい、ネタバレを食らってしまうという悲劇があちこちで続出していて心が痛かった。

正直今回の話は361話からの神展開を読んでから知って欲しかったなぁ。ここ最近のハイキューは本当に凄かったもん。それを読んでから369話を読んでたら全然印象が違ったと思うから、大変残念な気持ちでいっぱい。犯人を知りながら推理小説読むみたいな?アーチャーが衛宮って知りながらステナイやるみたいな?面白さが半減しちゃうよね。ネタバレ過激派の意見だけど。

まぁでも本誌派は毎月1000円以上余計に課金してるからしょうがないかな....SNSやる以上ネタバレは避けて通れないし、ぶっちゃけネタバレ防止の為に本誌買ってるってとこもあるから.....ここら辺は何とも言えない。

 

◯まとめ

色々言ったけど、ぶっちゃけハイキューはキャラ好きってより(好きだけど)古舘先生が描くハイキューって作品そのものが本当に好きなので、それが読めるなら大大大満足!!!!!人生幸せヒャッハー!!!って感じ!!!2週間待たないといけないのだけ辛いけど!!!!先生ゆっくり休んでくださいな!!!!!!

HQ第368話「なにもの」

タイトルは「なにもの」

アニメ二期EDの「発熱」を思い出す。流れる映像も最初の青城戦で負けた時のシーンだったから、余計に今週と重ねてしまう。

この頃、ハイキューの感想を書くのに毎週「最終回じゃん!!!」って叫んでるだけなんだけど、本当に最終回なんだってば!!!って狂ったこと言いながら地団駄踏んでる(最終回ではない)

今週の回は、ハイキュー公式さんもツイッターで呟かれてたけど、本当に静かな回だった。烏野側の会話も心理描写もほとんどなかったけど、誰も泣いてなくてみんな真っ直ぐ前をみてて、清々しい表情をしてる。音駒戦の終わりが劇的だった分、余計静かに感じる。

タブレットで試合を観戦していた日向、イヤホン外し始めたから(あ、気が抜けてぶっ倒れるかな)と思ったら、みんなと一緒に深々と礼をしたから泣いてしまった。観客席にお辞儀する三年生4人の背中を見つめる二、三年生はそれぞれ何を思ってるんだろう。この4人が必死に守って積み上げてきた日々のことを走馬灯みたいに思い出してまた泣いた。

稲荷崎の3人の会話。毎日続けることを大事にしてきた北さんだからこそ響く言葉だ。今まで付けてきた筋肉があるから、この先怖いものは何もないって言えるのすごいな。ほんとに高校生?

結果が全て派の宮兄弟が言ってた「今日何をする?」は過去の積み重ねがあってこその言葉。2人は前だけ見てるけど、今までやってきたことは確かに自分たちの糧になってる。結果がどうあれ勝者にも敗者にも得たものはある。北さんの言葉は3年間部活を頑張った人すべてを肯定してくれる言葉だなと思った。

そういえばハイキューってバレーの漫画だけど部活動の漫画だった。ユースとか世界とか出てきたから失念してたけど、部活動の話なんだ。負けても死なないし、人生が終わるわけでもない。けどそれに高校生活の大半を費やした時間は絶対無駄じゃないんだよなぁ....あぁぁ...中高は部活しかやってなかった人間だからこういうの弱い。

びっくりしたのは井闥山。絶対決勝は井闥山とどこかが戦うのかなと思ってた。強豪でも負けるときは負ける。怪我をした人がいたのかと思ったら主将でセッターか.....そりゃ悔しいし涙止まらないよな。なんかこれぞハイキューって感じ。誰も死なないのにどうしてこんなに心が苦しくなるんだろ....人がどんどん死んでいったり過酷な運命に振り回される他の作品と同じくらいしんどい。

色々まとまらないけど、冴子姐さんから宇内さんへの言葉にとどめを刺された。冴子姐さんの口からその言葉が出たってことに胸がいっぱい。応援席から見ている第三者の目からみても変人コンビの出会いはすごいものに見えてたんだなと。

セリフから察するに、宇内天満は何かを諦めた人なのか...違う道に進んだことに、あまり後悔はなかったように見えたけど彼にも色々あったんだな。以前彼が言ってた「世界は平等じゃなくて、平等だ」を思い出す。

負けた人にも諦めた人にも、挑んだこと自体に価値を付けてくれる。全ては無駄じゃないって肯定してくれるすごい漫画だな......さっきから同じことしか言ってないけど。爽やかに「悪くないね」って笑う彼を見て色々報われた気がした。

宇内くんが生んだ奇跡は大きいよ。日向を烏野に連れていってくれてありがとう。小さな巨人に憧れて、体格的にも環境にも恵まれていなかったのに「あんな風になりたいと思っちゃった」って理由だけでひたすらバレーにしがみついて、ひと山越えないと行けない遠い高校まで行って、影山に、烏野のみんなに出会えた。あのチームじゃなきゃ今の日向はいない。恐ろしいのは、たまたま電気屋で流れてたテレビにたまたま烏野高校が試合しててたまたまアナウンサーが「まさに小さな巨人!!!」って叫んだところでたまたまチャリでサッカーか野球かをやりに行く途中の日向が通りかかったってこと。「ラブストーリーは突然に」並みの奇跡。たまたまが多すぎて運命としか言えない....日向がバレーやって影山に出会う可能性ってもしかしたらめちゃくちゃ少ない世界線なのでは?ちょっとズレてたら日向は影山に出会うどころか、たぶんバレーやってない。

一巻を確認したら、野球のバット担いで籠にサッカーボール入れてた。中学でテニスもやってたしスポーツ全般的にできたんだろうな.....その中で一番高さが重要なやつを選んだのか....バレーボール選んでくれて本当にありがとう。宇内天満は日向翔陽にバレーと影山飛雄を与えたって、分かってはいたけどいざ文字に起こすととんでもないな....モンスターを創ったってセリフがピッタリすぎてやばい。やばいしか言ってない。

今後の展開について。また来週どうなるか分からないラストだった。最後の煽り、すごくいいんだけど「次回、新章突入!!」とか何も書いてない。ちょっとホッとした。最終回って言われても違和感のないラストだったな。

今後どうなるか色々言われてるけど、みんなの成長していく姿をまだ見守っていたいから2年生編やってほしいなぁ.....前の巻とかパラパラ読み返してるんだけど、日向がびっくりするほど下手くそなのね。よく今まで試合できたなレベル(失礼)点をもぎ取ることだけが武器だった子がいまこんなに......昔をみて下手くそって感じるのは今すごく成長してるって証だなぁと。この、7年かけてじっくり描かれてきた日向の成長をまだ見守りたい。

本音を言えば二年編があったらしばらく連載が続くこと確定するからなんだけどな!!!!けど、三年生が抜けた烏野を受け止めきれるだろうかってことが心配。本当にあのメンバー全員が好きだった。あぁぁ..このメンバーで試合することはもう無いんだな....同じ春は二度とない.....ただ一度だけの春がくる......

そういやもし二年になったら、日向は烏野の10番じゃなくなるのか............え、いやいやいやもしかして二年やらな...いやいやいや。うーん、でも鴎台戦ではみんなが「10番!」じゃなくて「日向翔陽!」って言ってたし、日向はもう小さな巨人ではなく最強の囮になったし烏野10番じゃなきゃいけないってことはなくなったからまだ希望は残ってる。大丈夫。まだ慌てる時間じゃない。

希望としては、もうしばらく一年編やってから二年編だけど、ユース編に入りそうな気がしなくもない。それとも突然大学行っちゃう?いやいやまさかそんな。本当にどうなるか分からん.....こわい。こんなにも来週のジャンプこわい、、今までで1番怖いを毎週更新してるハイキューがこわい。

ぶっちゃけ古舘先生がハイキュー描いてくれるならそれでいいです。終わるのが1番こわい。もう終わらなければどうなってもいいよ......✋古舘先生ならどんな展開になっても面白いから、、超信頼してる。課金させてくれ。

とりあえずハイキュー9巻までしか読んでない友達に続き分を全巻送るわ。Amazonで。

 

HQ41巻の収録話

第359話「盾の中の矛、矛の中の盾」

第360話「教え」

第361話「〝頂の景色 ″2」(Cカラー)

第362話「小さな巨人VS」

第363話「小さな巨人VS最強の囮」

第364話「独りではないのなら」(巻頭カラー)

第365話「始まりと終わり・2」

第366話「みつめる」

第367話「俺たちの春が終わる」(Cカラー)

 

コミックス派死なないかな.....??

 

表紙誰になるんだろう.....番外編...描き下ろし諸々のことを考えると今から恐ろしい。

しかも発売月は1月でしょ?4期が始まる時期じゃん。そんな一気に......